地域ブランド調査 とは – 地域ブランド調査

「地域ブランド調査2019」は、1,047の地域(1,000市区町村、及び47都道府県)を調査対象とし、全国3万人が各地域のブランド力を評価する日本最大規模の消費者調査です。2006年に調査を開始、毎年実施し今回で14回目の実施となります。

地域ブランド調査とは?

「地域ブランド調査2018」は、1,047の地域(1,000市区町村、及び47都道府県)を調査対象とし、全国3万人が各地域のブランド力を評価する日本最大規模の消費者調査です。 2006年に調査を開始、毎年実施し今回で13回目の実施となります。

地域ブランド調査2019の調査結果です。全国で最も魅力的な都道府県は北海道となりました。北海道は2009年に都道府県を調査対象に加えて以来11年連続での1位という結果となりました。市区町村は函館市が53.7点で2年連続6度目の1位となりました。

「地域ブランド調査2019」は、ブランド総合研究所が年1回実施している調査で、2006年にスタートし、今回が第14回目。調査対象は全792市(2019年4月末現在)と東京23区、および地域ブランドへの取り組みに熱心な185の町村を加えた計1,000の市区町村、そして47

地域ブランド調査2018、北海道が10年連続トップ市区町村1位は? ブランド総合研究所は2018年10月15日、「地域ブランド調査2018」の結果を発表した。

ブランド総合研究所は、国内1,000市区町村と47都道府県を対象とした、「地域ブランド調査2017」の結果を発表した。 最も魅力的な市は京都市と

local_offer 地域ブランド調査 local_offer 北海道 local_offer 富山 local_offer 研修 local_offer セミナー local_offer ハラル local_offer 香川県 local_offer 週刊ダイヤモンド local_offer 創生計画 local_offer 勝手にケンミン local_offer うどん県 local_offer ギネス世界記録 local_offer 食の

ブランド総合研究所は、地域ブランドおよび企業ブランドの研究とコンサルティングを行う専門企業です。ブランド戦略の理解・普及活動、戦略立案などを担当するほか、ブランド力を高めるためのPR、調査、テストマーケティング、コンサルティング、商標管理などの専門業務を行います。

ブランド総合研究所は、地域ブランドおよび企業ブランドの研究とコンサルティングを行う専門企業です。ブランド戦略の理解・普及活動、戦略立案などを担当するほか、ブランド力を高めるためのPR、調査、テストマーケティング、コンサルティング、商標管理などの専門業務を行います。

Oct 12, 2017 · 調査主体である株式会社ブランド総合研究所のhpから引用です。 調査内容 「地域ブランド調査2017」は、ブランド総合研究所が年1回実施している調査で、2006年にスタートし、今回が

本稿は,2015年に実施された「地域ブランド調査」を利用して,1,000市区町村を対象とした主観的評価に基づく地域の魅力度の構成要素とそのウェイトを明らかにした.はじめに,地域の魅力度に関わると考えられる同調査の75項目から,主成分分析によって13の主成分を導出した.次に,それら

Author: Tanaka Koichi

地域ブランド調査2008は、全国1000の市区町村(全783市、東京23区、ブランドへの取り組みが熱心な194町村)のブランド力を、認知度、魅力度、地域イメージ、観光意欲、食品購入意欲、産品購入意欲、居住意欲、地域資源への評価など63にわたる項目から、3万5000人の消費者が評価する調査です。

[PDF]

(1)文献及びヒアリング調査 ・「地域ブランド化」の意義や有効性、課題などを把握整理する。 (2)先駆的事例調査 ・モデルケースとなる先駆的事例を紹介し、現状や動向、地域産業や行政の役割等に ついて県内の取り組みと比較分析する。

朝日新聞社のニュースサイト、朝日新聞デジタルの地域ブランド調査に関する記事一覧ページです。

[PDF]

<調査内容> 「地域ブランド調査2017」は、ブランド総合研究所が年1回実施している調査で、2006年にスタートし、今回が第 12 回目。調査対象は全791市(2017年4月末現在)と東京23 区、および地域ブランドへの取り組みに熱心な186

『地域ブランド調査』の調査概要

地域ブランド2018ランキングについて調べてみました!地域ブランド2018ランキング発表・地域ブランド2018ランキング結果1位北海道や最下位茨城の理由はなぜ?・地域ブランド調査2018の調査会社はどこ?・地域ブランド2018ランキングについてのまとめ

ブランド総合研究所は10月10日、「地域ブランド調査2017」の結果を発表した。同調査は、全国3万人に、1047の地域(1000市区町村、47都道府県)を対象

本調査は、日本各地において「住みたい」と思われている地域、「観光で訪れたい」と思われている地域・スポットに関して実施しました。住みたい地域については、将来にわたって現在住んでいる地域に住み続けたい場合を含めて調査。観光で訪れたい地域については、これまで訪れたことの

ブランド総研の調査によると、2位に金沢市、そして1位は川越市になった。 同社が1年ごとに発表する『地域ブランド調査』で紹介する

地域ブランド. 地域ブランドは、地域の特徴を活かした商品、サービスの開発や高付加価値化と、地域そのもののイメージ(景観、自然、歴史、風土、文化、素材など)を結びつけながら、地域全体で取り組むことにより、他地域との差別化された価値を生み出し、その価値が広く認知され求め

ブランド総合研究所が「地域ブランド調査2018」の結果を発表。都道府県別トップは10年連続で北海道。10年間で最も点数を伸ばしたのは石川県。

栃木県のほぼ中央に位置する、宇都宮市。まず、宇都宮と言えば「地域ブランド調査2019」の「ご当地グルメ認知度ランキング」で1位(ブランド総合研究所調べ)に輝くほど「餃子」が有名ですが、実はそれ以外にも特色があるのをご存知でしたか?

ブランド総合研究所は、国内1,000市区町村と47都道府県を対象とした、「地域ブランド調査2017」の結果を発表した。 最も魅力的な市は京都市と

日経リサーチは、調査会社として収集したデータを広く社会に還元し役立ててもらうために、「地域ブランド戦略サーベイ」「ストア戦略サーベイ」など同社が実施する自主調査の結果をもとに、それぞれの分野で優れた成果を挙げた企業及び団体を公正に評価し、表

「地域ブランド調査2019」は、ブランド総合研究所が年1回実施している調査で、2006年にスタートし、今回が第14回目。調査対象は全792市(2019年4月末現在)と東京23区、および地域ブランドへの取り組みに熱心な185の町村を加えた計1,000の市区町村、そして47

[PDF]

地域ブランド 例)小樽 地域ブランド化とは、(Ⅰ)地域発の商品・サービスのブランド化と(Ⅱ)地域イメージのブランド化を結びつけ、好循環を生み出し、 地域外の資金・人材を呼び込むという持続的な地域経済の活性化を図ること。 現状(地域

この調査は株式会社ブランド総合研究所(本社:東京都港区、代表取締役:田中 章雄)が国内1000の市区町村及び47都道府県を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全84項目からなる「地域ブランド調査2018」によるもので、今年で13回目の実施(年1回実施)。

「地域ブランド調査2018」で埼玉県は、都道府県魅力度ランキングで43位、愛着度ランキング46位、自慢度ランキングに至っては最下位に沈んだ。

県の魅力度 横ばい43位 /栃木 民間調査会社「ブランド総合研究所」(東京都)が17日に発表した恒例の「地域ブランド調査」で、県は都道府県別

ブランド総合研究所は、第13回「地域ブランド調査2018」を実施。国内1000の市区町村及び47都道府県を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全84項目からなる「地域ブランド調査2018」によるもので、今年で13回目の実施(年1回実施)。

第13回「地域ブランド調査2018」最も魅力的な都道府県は10年連続で北海道 10年間で縮まる各県の魅力度の差。

「地域ブランド調査」住みたい&観光で訪れたい市区町村は、いずれも札幌が1位~北海道のなかでも、札幌が誇るブランド力が顕著な結果に~ 2018年12月19日; 調査概要/調査結果

そもそもは「地域ブランド調査」と銘打っていながら、なぜ「魅力度」に焦点を絞ってランキングを発表しているのですか? 田中: 調査項目は全部で103あり、外部評価が77項目、内部評価が26項目です。各項目の関連性から数式をつくって独自ランキングを

ブランド総合研究所が実施した「地域ブランド調査2017」で、最も魅力的な市区町村は京都市になった。昨年まで3年連続で1位だった函館市が今回

宇都宮ブランド推進協議会のプレスリリース 宇都宮市は、全国3万人が各地域のブランド力を評価する日本最大規模の消費者調査である「地域ブランド調査2019」※(調査 主体:株式会社ブランド総合研究

地域ブランドは行政主導で定着するのか。ブランド調査以外にも市民の意見を取り入れる仕掛けが必要では。 小牧市地域ブランド調査に対する委員意見. 小牧市には多くの「まつり」がある。いろいろな「まつり」があること自体が小牧の特徴である。

10 日前 · 株式会社ブランド総合研究所のプレスリリース(2020年1月21日 12時00分)地域の持続性調査、1位は川越市。愛着・定住意欲は福岡市、満足は豊橋市

地域ブランド(ちいきブランド)とは、地域を主に経済的な側面から捉えたときの、生活者が認識するさまざまな地域イメージの総体である。. この用語は、経営もしくはマーケティング分野で使われる「ブランド」から派生した概念であり、「商品ブランド」や「企業ブランド」などと同様の

ブランド総合研究所は、国内1,000の市区町村及び47都道府県を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全77項目からなる調査「地域ブランド調査2016」を実施しました。今年で11回目の実施(年1回実施)となる今回の調査では、全国の消費者3万3

地域ブランド調査2016の調査データです。≫地域ブランド調査2016 結果速報~最も魅力的な市は3年連続で函館市。石川県・金沢市が上昇~全国で最も魅力的な市区町村は函館市となりました。同市が1位になったのは3年連続4度目。2位には京都市が浮上し、前回2位だった札幌市は3位となりました。

調査対象は全791市(2018年4月末現在)と東京23区、および地域ブランドへの取り組みに熱心な186の町村を加えた計1000の市区町村、そして47都道府県で

地域ブランド調査総合報告書(ブランド総合研究所) | 日本最大級の雑誌専門サイト「Fujisan.co.jp」がお得!!今なら初回500円割引やレビュー500円割引もあります。最新号からバックナンバーまで豊富に取り揃えています!

ブランド総合研究所による「地域ブランド調査・魅力度ランキング」で、2015年に下位だった茨城県、佐賀県、群馬県。10月某日、同社の田中章雄

「地域ブランド調査2018」は、1,047の地域(1,000市区町村、及び47都道府県)を調査対象とし、全国3万人が各地域のブランド力を評価する日本最大規模の消費者調査です。 2006年に調査を開始、毎年実施し今回で13回目の実施となります。

[PDF]

2 i. ブランドについて このレポートのテーマは、「地方の中小・中堅食品メーカーのブランド戦略」であり、い かに「ブランド」というポジションを獲得するか、が関心の中心にある。

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、日本の文化や強みを生かした商品やサービスを海外展開する「クールジャパン」関連事業の一環として、2018年1~2月に20カ国・地域※で「ジャパンブランド調査2018」を実施しました。

地域ブランド調査 「地域ブランド調査2018」は、1,047の地域(1,000市区町村、及び47都道府県)を調査対象としており、全国3万人が各地域のブランド力を評価する調査です。 2006年に開始され、13回目の消費者調査となりました。

「地域ブランド調査2016」で、最も魅力的な市区町村の1位は3年連続で北海道・函館市。北海道はこのほか、小樽市や北斗市が上昇し、新幹線開業

[PDF]

沖縄における地域ブランド育成の現状と課題 ~地域資源のブランド化により地域活性化を目指す沖縄の島々~ 第一特別調査室 松本 英樹 まつもと ひでき 1.はじめに 沖縄県は、東西約1,000㎞、南北約400㎞の広大な海域に、160の島々が点在する全国

地域ブランド調査 : 総合報告書 ブランド総合研究所, 2009- 2009(第4回) 2011(第6回) 2012(第7回) 2013(第8回) 2014(第9回) 2015(第10回) 2015(第10回)特別冊子 2016(第11回) 2017(第12回) 2018(第13回)

10月15日、ブランド総合研究所により第13回「地域ブランド調査2018」が発表された。47都道府県および1000市区町村を調査対象とし、全国3万人が各

[PDF]

にある。認知されている産地・地域ブランドも128回答(43種)と今回の調査対象国・地域の中で最も少ない(q2-1、3-3)。 日本産食品の購入にあたって産地・地域ブランドをより重視する傾向にあるとは言えない。ただし、産地・地域

大学ブランド力ランキング2019-2020、各地域のトップは? 日経bpコンサルティングは2019年11月27日、「大学ブランド・イメージ調査(2019-2020)」の

日本経済新聞社グループの総合調査会社。1970年設立。新聞掲載の調査のほか、ブランド戦略、顧客・従業員満足度、コンプライアンスなど企業向け調査も多数実施。独自のデータ関連技術によるcrm支援サービスなど新分野にも注力。海外調査実績はアジア新興国中心に50カ国以上

異業種参入や想像もつかなかった協業など、ボーダレス化が進む中、自業種だけウォッチしていれば良い時代は終わりました。「ブランド・ジャパン」では調査対象1,500の全ブランド分がお手元に。

日本全国SDGs調査ランキング. ブランド総合研究所が地域に合った持続的な開発目標を明らかにしようと行った「地域版SDGs

ブランド総合研究所が国内1000の市区町村および47都道府県を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全78項目からなる「地域ブランド調査2017」によるもので、今年で12回目の実施(年1回実施)。全国の消費者3万745人から有効回答を得ました

3 日前 · そこで、Vponでは海外居住者に向けての広告閲覧のアンケート調査を行うことで、観光地域や観光サービスの認知度、興味、行動への