ガラスの街 ポールオースター – ガラスの街/ポール・オースター

Amazonでポール オースター, Paul Auster, 柴田 元幸のガラスの街 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。ポール オースター, Paul Auster, 柴田 元幸作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またガラスの街 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

4/5(17)

Amazonでポール・オースター, 柴田 元幸のガラスの街。アマゾンならポイント還元本が多数。ポール・オースター, 柴田 元幸作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またガラスの街もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

4/5(17)

ガラスの街 – ポール・オースターのページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 Pontaポイントもつかえて、お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!

ポール・オースター『ガラスの街』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約161件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

69%(161)

前回に引き続き、ポール・オースターの「ガラスの街」の批評です。 William Willson(ウィリアム・ウィルソン) 探偵小説作家Daniel Quinnのペンネームです。もうお気づきの方もいられると思いますが、これはエドガー・アラン・ポーの同名小説「William Willson(ウィリアム・ウィルソン)」のタイトルと

世間と隔絶し、仕事をしない時間はニュー・ヨークの街を散歩する毎日だ。それが五月のある真夜中、電話で起こされる。用件は、ポール・オースターという私立探偵への仕事の依頼だった。間違いを指摘して切るが、電話はその後も続く。

ポールオースターとは? オースター,ポール 1947年生まれ。 コロンビア大学卒業後、数年間各国を放浪する。70年代は主として詩や評論、翻訳に創作意欲を注ぎ、’85年から’86年にかけて、『ガラスの街』『幽霊たち』『鍵のかかった部屋』の、いわゆる「ニューヨーク三部作」を発表し、一躍

物語は一本の間違い電話から始まる。作家のクインのところに、ポール・オースター宛の間違い電話がかかってきたのだ。何回目かの電話でクインは自分がポール・オースターだといって、翌日、電話の相

ポール・オースターのプロフィール:1947年、ニュージャージー州ニューアーク生まれ。コロンビア大学で英文学と比較文学を専攻、大学院中退後にフランスに渡る。詩、評論、翻訳等を手がけたあと、1985年から1986年にかけての「ニューヨーク三部作」(『ガラスの

略歴. オースターはニュージャージー州 ニューアーク で、中流階級のポーランド系ユダヤ人の両親の元で生まれ、ニュージャージー州サウスオレンジにて育つ 。 12歳の時に叔父から預かったダンボールいっぱいの本を読み耽り(このエピソードは『ムーン・パレス』の中に登場する)、以後

国籍: アメリカ合衆国

【ホンシェルジュ】 世界で確固たる評価のあるポール・オースターですが、日本でも支持が高く、2000年代以降は更に認知を広めています。若い頃苦労したオースターの、人生についての深い思索は、作品を通して、様々な世代の心に響いてきます。

ガラスの街 – ポール・オースター – 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

3.8/5(51)

Sep 30, 1997 · ポール・オースターのおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! ガラスの街 (新潮文庫) 812

『ガラスの街』(ポール・オースター) のみんなのレビュー・感想ページです(59レビュー)。作品紹介・あらすじ:ニューヨークが、静かに、語り始める-オースターが一躍脚光を浴びることになった小説第一作。

3.8/5(59)

ガラスの街 新潮文庫 – ポール・オースターのページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。

ニューヨーク三部作(The New York Trilogy)とは、ポール・オースターの小説『ガラスの街』『幽霊たち』『鍵のかかった部屋』の総称。. 共通点. ニューヨークを舞台とし、探偵(または、人探しを運命付けられた人間)が、自分のドッペルゲンガーを探しているような感覚に襲われるのが、三作の

ポール・オースター著、柴田元幸訳「ガラスの街CityofGlass」2009年10月、新潮社発行を読んだ。宣伝文句はこうだ。「ポール・オースターですか?私は殺されようとしている。あなたに護って欲しい」、深夜の間違い電話をきっかけに、主人公は私立探偵になり、都市の迷路へ入り込んでゆく

ポール・オースターの『ガラスの街』を読んで初めて、「レーモン・スボンの弁護」(第二巻第十二章)という有名な長篇の存在を知った。 Cranks and ideologues, however, were not the only ones interested in the subject.

詩、評論、翻訳等を手がけたあと、1985年から1986年にかけての「ニューヨーク三部作」(『ガラスの街』『幽霊たち』『鍵のかかった部屋』)で小説家として世界的に注目を集め、以後現代アメリカ文学を代表する作家として活躍を続ける。

ガラスの街/ポール・オースター のは、ニューヨークという街だったのだ。木を書くすなら森の中とでもいうのだろうか。ガラスの街というタイトルに表されているように、乱反射して実体が捉えられず常に変化を続けているこのニューヨークという街

雑誌『Coyote』(No.21、スイッチ・パブリッシング)が、ポール・オースターの特集を組んでいる。目玉は『ガラスの街』(CityofGlass)の柴田元幸による新訳である。この、オースター初期の小説は、もともと別の翻訳者により、『シティ・オブ・グラス』(角川文庫)として出されている

ガラスの街 – ポール・オースター – 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

4.1/5(34)

というわけで、以下に日本でも有名な現代アメリカにおける代表的な作家の一人ポール・オースター(Paul Auster)の代表作の一つ、いわゆるニューヨーク三部作の第一作「ガラスの街(City of Glass)」の簡単な批評を載せました。所詮は学部生の批評ということです

街の灯と虚無感に浸る話 ポール・オースターの作品を読むの初めてだった。 ニューヨークを舞台にしたポストモダンな作風の作家だというくらいしか知らなかったので、新鮮な気持ちでページをめくってい

4.2/5

2015年12月 文・石村光太郎 2015年12月6日の日曜日。クラリスブックスの読書会が開催されました。課題本はポール・オースターの1985年の小説『ガラスの街』でした。これはオースターの著作としては2作目になりますが、長篇の小説としては最初の作品です。

今作は1986年に出版されたオースターの初期の作品です。「ガラスの街」「幽霊たち」と今作を合わせたものがニューヨーク三部作と言われていて、登場人物こそ違うけどいずれも人を探す(ある意味、自分を探している)という部分で共通している。数年前に「ガラスの街」が柴田元幸さんの翻訳

ポール・オースターの名を一躍世に知らしめたニューヨーク三部作の一作目『ガラスの街』読了

「ガラスの街」ポール・オースター 「はまむぎ」レーモン・クノー 「見えない都市」イタロ・カルヴィーノ 「耳ラッパ」レオノーラ・キャリントン 「素粒子」ミシェル・ウエルベック 「存在の耐えられない軽さ」ミラン・クンデラ

Amazonでポール・オースター, Paul Auster, 柴田 元幸のムーン・パレス (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。ポール・オースター, Paul Auster, 柴田 元幸作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またムーン・パレス (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

4.3/5(57)

Amazonでポール・オースター, 柴田 元幸の幻影の書。アマゾンならポイント還元本が多数。ポール・オースター, 柴田 元幸作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また幻影の書もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

4.4/5(33)

「ガラスの街」においては著者であるポール・オースターと同じ名前の人間が出てくる。ここで注意したいのは、同じ名前だからといって、小説内に出てくるポール・オースターは著者であるポール・オースターとは別であるという事である。これは小説内

「ガラスの街」の購入はbookfanプレミアム店で!:bk-4102451153:ガラスの街 / ポール・オースター / 柴田元幸 – 通販 – Yahoo!ショッピング

【ガラスの街 ガラスの街. ポールオースター. . 多少の乱れはあるものの、オースターのストーリーテラーとしての実力は、その第一作から抜きんでていた。

ポール・オースター『ガラスの街』は随分前に一度読んだ。その時は理解がおぼつかず、どの本を読めばいいのか、それがわかっていなかった時期であったこともあり、「こんな本もあるんだな~。

この『ガラスの街』は本当に風変わりな小説です。 探偵小説の出だしとスタイルをとっていますが、探偵小説ではなく かといって、よくあるようなオカルトに寄っていくタイプでもない。 いかにも何かが解決しそうと見せかけつつ

ポール・オースター ―― 『ガラスの街』 訳:柴田元幸 新潮文庫 (251p \520) ★★★☆☆ イケていると思う。気持ちよく小説世界に酔える。予期出来ない展開の発想が凄い。好い意味で、外国小説らしくない

ポール・オースターといえば、なぜかミステリー・推理小説家だというイメージがないだろうか。 そしてわたしは個人的に、「このジャンル」が苦手である。 有名だとはわかっちゃいたけど、『幻影の書』のあとでなかなか手が出せずにいた。

ポール・オースターの『ガラスの街』冒頭がええねん そもそものはじまりは間違い電話だった。 真夜中に電話のベルが三度鳴り、電話線の向こう側の声が、彼ではない誰かを求めてきたのだ。

[PDF]

本稿はポール・オースターの『ガラスの街』(1985 年)の分析である。この作品はその後の 『幽霊たち』(1986 年)と『鍵のかかった部屋』(1986 年)とともに「ニューヨーク三部作」

2017年1月に発売されたポール・オースター7年振りの長編小説’4321’の最初のエピソードである。 この記事では、ポール・オースターと親交もある村上春樹が2017年2月に同じく7年振りに発表した長編小説「騎士団長殺し」も絡めて同書を紹介する。

オースター翻訳の第一人者・柴田元幸氏による新訳、待望の文庫化! ガラスの街 / オースター,ポール【著】〈Auster,Paul〉/柴田 元幸【訳】 – 紀伊國屋書店ウェブストア

ガラスの街のあらすじ・作品解説ならレビューン小説. ポール・オースターの小説ガラスの街についてのあらすじや作品解説はもちろん、実際にガラスの街を読んだユーザによる長文考察レビューや評価を閲

作家オースターの礎を築いた、『ガラスの街』、『幽霊たち』に続くニュー・ヨーク三部作の掉尾を飾る長篇小説。探偵小説の枠組みを借りて、「不在の人物を めぐる依頼を引き受け」た主人公が、探偵役となって謎を追うという構成は前二作と共通している。通常の探偵小説が、謎が解か

ここ何十年ものあいだ、オースターは世界の文学界でスターの座を占めている。きっかけは、1980年代半ばに発表したニューヨーク3部作(『ガラスの街』 『幽霊たち』 『鍵のかかった部屋』)だった。彼は、実存主義哲学や文学理論をほんの少し織り交ぜ

ガラスの街. ポール・オースター [著] ; 柴田元幸訳 (新潮文庫, 9780, オ-9-0) 新潮社, 2013.9. タイトル別名. City of glass. タイトル読み

ポール・オースターっていう私立探偵と著者が同一人物かと思いきや、別のポール・オースター出て来て、ドン・キホーテ談を始めても我慢しましたし・・・これも何かの伏線かと思いましたよ。 でっ!?? 全部謎のまま終わっちゃうって・・・どうなの?

ポール・オースターの初期の三作品、『ガラスの街(シティ・オブ・グラス)』『幽霊たち』『鍵のかかった部屋』は、「ニューヨーク三部作」と呼ばれていたりもします。

カズオイシグロの『忘れられた巨人』を読み直すかと思ってもなかなか読み進めることが出来ずに気分転換でポールオースター『ガラスの街』に手を出してみたものの結果は明白で本を続けて連続で読むことができない状態にある。

現代外国人名録2016 – ポール オースターの用語解説 – 職業・肩書作家,詩人,映画監督国籍米国生年月日1947年2月3日出生地ニュージャージー州ニューアーク学歴コロンビア大学〔1970年〕卒受賞インディペンデント・スピリット賞脚本賞(第1回)〔1995年〕「スモーク」,アストゥリアス皇太子賞〔2006年

2015年12月 文・石村光太郎. 12月6日の日曜日。クラリスブックスの読書会が開催されました。課題本はポール・オースターの1985年の小説『ガラスの街』でした。

再読、乱読、積読。「偶然以外何一つリアルなものはないのだ」仕事論、そして最後の一文。ガラスの街 [ ポール・オースター ]価格:561円(税込、送料込) 僕みたいな乱読家にとって、本にまつわる問題は山のようにある。なかでも、本の整理という物理的な問題は避けがたく存在している。

ガラスの街 – ポール・オースター/〔著〕 柴田元幸/訳 – 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。

[内容]「そもそものはじまりは間違い電話だった」。深夜の電話をきっかけに主人公は私立探偵になり、ニューヨークの街の迷路へ入りこんでゆく。探偵小説を思わせる構成と透明感あふれる音楽的な文章、そして意表をつく鮮やかな物語展開―。この作品で一躍脚光を浴びた現代アメリカ文学

ポール・オースターのニューヨーク三部作です。 以前読んだものもありましたが、何しろ記憶力が 悪いので、正直、内容を忘れていました(汗)。 『ガラスの街』は、作家のクインが、探偵宛の 間違い電話を受けたことから、探偵になりすまし

私立探偵ポール・オースターに依頼があると電話の主は言う。 クインはほんの好奇心から本人になりすまして依頼人に会いに行くが、 そこにはまるでカスパー・ハウザーのように精神を病んだ男がいた。 彼をそのように育てた父親から守ってほしいと

『孤独の発明』に続く ポール・オースターの小説第2作。 ニューヨーク三部作の第1作。 『ムーンパレス』は自らのアイデンティティを発見する小説だが、 『ガラスの街』は自分のアイデンティティを失う

それは、ポール・オースターの「ガラスの街」だった。この本を手に取ったのは、必然的であるように思えた。居場所はどこにもなく、何者でもなく、複数いる人間のうちの一人に過ぎない自分という存在。夜の街を歩いていて、身に染みる孤独。

関税込み Lloyd Dress(50082245):商品名(商品ID):バイマは日本にいながら日本未入荷、海外限定モデルなど世界中の商品を購入できるソーシャルショッピングサイトです。充実した補償サービスもあるので、安心してお取引できます。

新作すぐ届く ハウンドトゥース ドレス(49446983):商品名(商品id):バイマは日本にいながら日本未入荷、海外限定モデルなど世界中の商品を購入できるソーシャルショッピングサイトです。充実した補償サービスもあるので、安心してお取引できます。

ポール・オースター「オラクル・ナイト」新潮社(柴田元幸訳、2010年) この17年の間、ポール・オースターは私が最も敬愛する作家だが(このブログは本来オースター作品を紹介するために作った)、ここ数年は原書の新作どころか柴田先生の訳本が出ても、読むだけの心の余裕がない状態