スマートフォン 普及率 総務省 – あなたはスマホ派? ガラケー派? 日本のスマートフォン普及率…

スマートフォンの特徴として、1人が1台持つ情報端末であることが挙げられる。通信利用動向調査を基に、個人のスマートフォンの保有率の推移 2 をみると、2011年に14.6%であったものが、2016年には56.8%と5年間で4倍に上昇している( 図表1-1-1-2 )。

(2)オープンイノベーションの進展 · (3)期待される労働市場の底上げ

(1)インターネット利用の広がり. まず、調査時点から過去1年間の個人のインターネット利用経験について、2017年調査とスマートフォン普及前の2008年 1 調査とを比較する。 13歳~19歳(中学生以上)から40代までの世代では、既に2008年にはインターネット利用率が90%以上の高い水準にあり

ア 主な情報通信機器の普及状況(世帯) スマートフォンとパソコンの普及率の差が1.2ポイントと接近. 2016年の世帯における情報通信機器の普及状況をみると、「モバイル端末全体 1 」及び「パソコン」の世帯普及率は、それぞれ94.7%、73.0%となっている。

第2節 スマートフォンの普及とict利活用. 第1節では、新たなictサービスの事例や利用状況、今後の見通しを概観した。これらのサービスが可能となったのは、スマートフォン等のict端末やソーシャルメディア等の各種ictサービスが普及したことが土台にあると考えられる。

年代別にみると、10代20代は2012年時点から利用率が比較的高い傾向にあったが、20代は2016年には97.7%がいずれかのサービスを利用しており、この世代ではスマートフォンやsnsが各個人と一体ともいえる媒体となっている。 (出典)総務省情報通信政策

スマートフォンの普及率の推移 数年前まで、スマートフォン利用ユーザーは日本では少数でした。しかし現代社会では、スマホを持っていない若者のほうが珍しいと言えるくらい普及しています。まずは総務省のデータをご覧下さい。 出典 総務省「平成26年通

総務省は2019年6月21日、電気通信サービスの契約数やシェア動向に関する現状をまとめた報告書【電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成30年度第4四半期(3月末))】を発表した。 2019年3月末時点における日本の携帯電話(従来型携帯電話、スマートフォンの双方を含む。

2015/11/27 スマートフォン利用時間、アプリの利用が牽引して増加――ニールセン調査; 2015/08/31 スマートフォンからのソーシャルメディア利用率、6割超に 総務省、スマートフォンの普及状況を発表

今や加速度的に普及が進みつつあるスマートフォン。そのスマートフォンを使ってインターネットにアクセスをしている人は6歳以上の全員比で59.4%(2018年時点)との実情が、総務省が2019年5月31日に発表した「通信利用動向調査」の公開値から明らかにされている。それではその

スマートフォンは今、岐路に立っています。日本にiPhoneが誕生したのは2008年7月。まだ10年ほどしか経ちません。翌年にはドコモからAndroidスマートフォンが発売。以降急激にスマホの普及率は伸びて

総務省統計局統計調査部 労働力人口統計室長 長藤 洋明 平成28年社会生活基本調査では、家事関連時間や介護・看護時間などのほか、初めてスマートフォン・パソコンなどの使用状況について調査を行いま

スマートフォンの国内普及率は18.0%、1年でほぼ倍増 この調査では、性別と年代別の組み合わせで均等サンプリングしているため、総務省の人口統計と携帯電話の普及率などを考慮して国内の実態に合うように補正してスマートフォンの普及率を算出した。

総務省「通信利用動向調査」の概要

みなさんのスマートフォンの中には、どれくらいのゲームアプリが入っていますか—?スマートフォンアプリの中でもゲームアプリは、上位3位の利用率を誇っています。今回は、スマートフォンゲームアプリの利用率と課金状況についてご紹介します。

スマートフォンを保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超えたことが、総務省による「平成27 年通信利用動向調査」の結果から

一方、スマートフォンは世帯主が65歳未満の世帯よりも低く(-51.4ポイント)なっていますが、高齢者世帯全体の4分の1程度(25.6%)に普及しています。(表6、図18) ※)普及率は、当該耐久消費財を所有している世帯の割合

総務省のメディア利用調査で、スマホ利用率が初めて50 スマートフォンの利用率が初めて過半数を占めた。 日本のスマホ普及率は49.8%に

総務省の通信利用動向調査から、固定電話、携帯電話、スマートフォン、パソコンなど通信機器別の保有率一覧です。2011年(平成23年)から2017年(平成29年)までの調査を掲載しました。

総務省では、全国22の公立・私立の高等学校等の1年生約3,700人に対して、インターネット・リテラシーを測るテストと共に、アンケートを実施し、青少年のインターネット・リテラシー指標として取りまとめました。 調査結果から、インターネット・リテラシーを測るテストの正解率は70%と昨

タブレットの所有率に変化がなかったのは、大画面スマートフォンの普及や、2in1 PCの台頭(本調査では日本マイクロソフトのSurfaceシリーズは

[PDF]

平成. 26. 年全国消費実態調査. 主要耐久消費財に関する結果. 結果の概要. 平成. 27年7月31日

総務省(情報通信政策研究所)は19日、「平成26年(2014年)情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」を公表した。この調査

2-3 スマートフォンの使いすぎ 総務省の最新の情報通信白書によるとスマートフォンの普及率は75.1%に達し、パソコンの普及率を上回っています。スマートフォンの普及が進んでいるのは日本だけに限りませんが、手元でいつでも簡単に使えることから眠る

tcaと総務省では100%を超える複数データを基にした携帯電話の普及率推移(最新)のニュースを紹介。 今や生活必需品とすら定義されても何ら違和感を覚えない携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォン双

特にスマートフォン普及率が9割を超える20代の利用率が20.8%と低いことから、スマートデバイスを2台持つことに抵抗を感じている可能性もある

スマートフォンに慣れ親しんでいる人にしてみれば、「なぜまだガラケーを使う人がいるのだろうか?」と疑問に感じているかもしれません。 今回は、日本のスマートフォン普及率や、スマートフォン使用者増加の背景についてご紹介します。

スマートフォン(英: smartphone 、日本での略称「スマホ」)は、モバイル向けオペレーティングシステムを備えた携帯電話の総称。 現在では一般に、折り畳み式を含む従来型の携帯電話(フィーチャー・フォン)等と区別されて使用される。 スマホの画面が大きいものはタブレット、スマート

高校生のスマホ保有率、9割近くに – 総務省 青少年のネットリテラシー調査 をみると、スマートフォンは「1~2時間未満(29.1%)」が最も多いが

日経bpコンサルティングはこのほど、「携帯電話・スマートフォン“個人利用”実態調査2013」の調査結果をまとめた(調査報告書を2013年8月30日に発行)。この調査は、2000年から実施しており今年で14年目(第19回)。今回は135項目に対して全国の男女4400人から回答を得た(調査期間は2013

[PDF]

スマートフォン普及以前の対応状況 フィルタリングの推進、安全なインターネット環境の整備 – 保護者が不要と申し出ない限り、携帯電話会社には18歳未満の利用者へのフィルタリングの

・国内のスマートフォン普及率. 日本国内のスマートフォン保有率は 53.5% です。 情報通信機器の個人保有率. 出典 総務省 平成26年度情報通信白書. 全ての世代の数字なので、思ったより少ないと思われるかもしれません。しかし、世代別に見るとスマート

10代のスマートフォン利用率は82.0%と前年と比べて10ポイント以上増加したことが、総務省が8月31日に発表した調査結果より明らかになった。10代

総務省は、3月31日、全国の高校1年生を対象に青少年のインターネット・リテラシーに関する実態調査を実施し、その結果を「平成28年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」として公表した。スマート

[PDF]

5G実現に向けた総務省の取組み 6月末時点で約1 億7,225万に達している。背景にはスマートフォン等の普及があり、これらのデバイスによる 2018年6月末現在 契約数(人口普及率

卒論を書く中で直近5年ほどのスマートフォン普及率のデータを探しているのですがまとまったデータが見つからず、内閣府と総務省の発表しているデータにいきつきました。 しかしながら内閣府のデータは直近3年しかデー

[PDF]

割以上(中学生84.8%、高校生83.3%)が、スマートフォンで無線lanを利用し ていると回答している。 図表3-1-13:無線lanの利用 ※ アンケート調査結果をもとに総務省作成 ※ アンケート調査結果をもとに総務省

(総務省:通信利用動向調査をもとに作成) こちらを確認するとスマートフォンの利用が急激に上がっていることがわかります。スマートフォンが一気に普及された影響なのでしょうか。

スマートフォン利用者はこの1年で倍増し国内普及率は9.5%、市場を牽引しているのは20歳代――。日経bpコンサルティングがこのほど実施した「携帯電話・スマートフォン“個人利用”実態調査2011」(報告書を2011年7月26日に発行)で明らかになった。本調査は2000年に開始して以来、12年目で今回が

【携帯・phsなど合わせて168.4%の普及率総務省、2017年3月末の状況を発表(最新)】 【世界全体の固定・携帯電話普及率をグラフ化してみる】 【各国の固定電話と携帯電話の普及率推移をグラフ化してみる(先進諸国編)】

スマートフォンは若い世代を中心に普及しており、20代、30代では9割以上、40代では約8割、50代では7割近くの人がスマートフォンを持つようになっています。(※参考:総務省「平成29年版 情報通信白

平成28年版の『情報通信白書』(総務省)によれば、2015年末時点で「携帯電話・phs」の世帯普及率は95.8%、内「スマートフォン」は既に72.0

日本のスマホ普及率は35% 日本における60代のスマートフォン所有率は35.0%に留まっており、諸外国に比べて大きな差があることがわかりました。 これは、総務省が公開した「平成28年 情報通信白書」によるもので、個人向け情報通信機器として重要な

スマホの普及率は70%を超える. 総務省が携帯電話の利用率についてレポートを公開しています。 この調査は、13歳から69歳までの男女1,500人を対象に、平日2日間の行動を調査票に記入する形で行なわれ

ソフトバンク株式会社の「スマートフォンユーザーの電池の持ち・充電に関する意識・実態調査」をご紹介します。 総務省の発表によると、2013年度のスマートフォンの世帯普及率はついに5割を超え、特に10~20代を中心に急激に普及してきた。

スマートフォンの世帯普及率、前年比7.8ポイント増で72.0% ――総務省、平成28年版情報通信白書を発表

出典:総務省「ictの進化がもたらす社会へのインパクトに関する調査研究」 国別のスマートフォン / タブレット 個人保有率の比較. こちらは国ごとにスマートフォン及びタブレットの個人保有率を示したグ

[PDF]

高齢者にも普及するスマートフォンアプリ 出典:平成30年度情報通信白書(総務省) スマートフォンの普及率は年々上昇(平均で60%)。直近では、特に高齢者層の伸びが著しい。 スマートフォン利用者の63.4%が交通サービスのアプリを使用。

総務省は、全国の高校生に行った「青少年のインターネット・リテラシーに関する実態調査」の結果を公表した。スマホの普及が進み、長時間

[PDF]

調査概要 1.調査目的 2.調査設計 3.企画分析会議 平成21年度~平成28年度に引き続き、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」(いわゆる「青少年イン

» スマホ普及率49.5%に急伸 sns利用は20代でも28%留まり 総務省の通信利用動向調査 発表 「主な情報通信機器の普及状況」をみると、スマートフォンの普及状況が49.5%(対前年比20.2ポイント増)と依然急速に普及が進んでいます。

このコラムは2018年度に発表された『平成30年版 情報通信白書』をもとにスマートフォンの利用状況の他、マーケティングに活用できそうなデータをまとめています。感覚としてはスマートフォンの普及率が伸びていることを感じていても、数値として実感できない方は是非最後まで読んで

ビジネスにおいても利用が広がっているスマートフォン。企業はスマートフォンを導入することでさまざまな対応が必要となります。本記事では顧客の行動や考え方も日々変わっていく現代において、企業としてスマートフォン導入への対応を解説していきます。

[PDF]

1 . 平成. 27年7月31日 平成. 26年全国消費実態調査 主要耐久消費財に関する結果 結果の要約. 総務省は,我が国における世帯の家計収支,資産などの家計の構造面を総合的に把握する調査

総務省がネット利用調査結果の最新版を公開。デジャヴかと思ったならこれは記事の水増し分で有り前回の続き。前編は総務省が作成したグラフを参考として突っ込みや感想文を書いたので、今回はデータを元にオリジナルでグラフを作りつつ後編。適当に見て参りましょう。

これだけ急速に普及してきたスマートフォンだが、普及状況は年代ごとに大きく異なっていることが次の調査からわかる。 「平成25年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」<速報> (総務省)

またスマートロックの操作においてメイン機器となるスマートフォンですが、60歳以上の高齢者の普及率が非常に低いという調査結果もあります。 【出典】総務省 情報通信白書. 考えてみれば、これまでの物理的な鍵はシリンダーに挿して回すだけ。

大人であれば持っていて当たり前と言われるスマートフォン。中には、仕事用と家庭用の2台のスマホを使い分けているという人も少なくないでしょう。生活になくなてはならない存在となったスマホは、年々右肩上がりで普及率(所有率)が増加しており、高校生や

同時に、スマートフォンの普及に合わせるように国内のネットワークインフラも整備され、国内のit設備の成長に大きく貢献し多種多様なイノベーションを生み出したといえます。 引用:総務省|平成29年版 情報通信白書|情報通信機器の普及状況

スマートフォンやタブレット端末の急速な普及に伴って、ソーシャルメディアを始めとしたインターネットを利用する時間が、増えてきていると言われています。 そんな中、それを裏付ける最新のデータが、総務省の調査によって発表されました。速

一方、料金体型とスマートフォンとの関係については、先行記事でも触れている通り、「使い勝手や外観は従来型」「osなどはスマートフォン」「料金体系は従来型かそれに近い」様式を有する、ガラホという種類の端末が登場し、普及が始まっている。